トピックです。


by uniconlabo

2013.02.15. 国公立大の2次出願締め切り―安全・地元志向くっきり―

 大学入試センター試験の問題が難しかった影響で、2次試験の出願先が「安全志向、地元志向がより強まった」と朝日新聞が書いている。
 不況の影響で浪人しにくくなり、「国立大をやめ、比較的入りやすく、自宅から近い公立大に流れたケース」「難易度の高い大学が集まる東京にある12の国公立のうち8校が昨年より倍率が下がった」ことなどを紹介している。
 他方、今や有名となった公立の国際教養大学の人気の例をもとに、立地やブランドに頼らず大学を選ぼうという意識が、受験生にじわじわ浸透し始めていると指摘する識者の声も取り上げている。
[PR]
by uniconlabo | 2013-07-13 08:08 | 記事紹介