トピックです。


by uniconlabo

秋入学とは何だったのか

 本サイトの「記事紹介」欄で、最初に取り上げたのが昨年1月20日付の「東京大学『秋入学への全面移行構想』発表」であった。
 その時のコメントでも、入学と卒業の時期を海外に合わせ留学生が行き来しやすくすることで「国際化が期待される」との主張に関し、「学部段階の留学生獲得に必死だったといえるのだろうか」「学部段階での英語による授業や外国人教員の採用などどこまで進んでいるのか」との疑念を記しておいた。
 国費留学生の受け入れ先としてのアドバンテージを有している国立大学の中でも、大阪大学に遠く及ばず、九州大、京都大、筑波大の後塵を拝している。私立には、学部留学生が逓増している大学や、東大の10倍を超えて受け入れている大学さえある。海外への留学生が減少しているとの危機感に関しても、逆に派遣留学生を伸ばしている大学もあり、前述の疑念はそれなりの根拠をもったものであった。

 発表から一年半のあいだに、「秋入学」が「春入学・秋始業」へ軌道修正され、最終的には、すでに一部の大学で実施されてきている「4学期制」に着地、とあっては、一体なんであったのか、との思いがぬぐえない。「留学生獲得」に矮小化されて終結するのであれば、最初から、英語のみで卒業できる現行制度の「PEAK」を充実させる、でよかったのではないか、と皮肉の一つを言ってみたくもなる。

 ただ、「社会全体で改革を進めたい」とのメッセージは大きなインパクトがあったことは間違いなく、以来、その注目のもとで、次々と東大の改革が打ち出されたことは正当に評価されなければならない。ひょっとしてあれは、濱田総長のマスコミを使って耳目を集め学内での改革への求心力を形成するための戦略であった、とまで言ってしまってはうがちすぎか。 
[PR]
by uniconlabo | 2013-07-13 11:12 | Close-up Now