トピックです。


by uniconlabo

<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 朝日新聞の花野雄太記者が「大学改革実行プラン」について記事を書いている。
 06.18付けの日経・横山編集委員のコメントと比べると、補助金、運営費交付金に関する厳しさにウェイトがおかれている。「社会変化に対応できない大学の退場」という私立大学に対する厳しさ、と同様の「アメとムチ」で淘汰を促すスタンスは国立大学に対してさらに鮮明だと指摘している。
 共通するのは、「急ごしらえ感、否めず」という点で、さらに、2001年に文科省が出した「遠山プラン」と重なる指摘。2008年に策定した「長期基本計画」には、飛び級促進、アンブレラ方式の導入検討が盛り込まれていたとも。
 「しっかり腰を据えた」「改革」の「実行」こそが問われるべきで、「お化粧直し」はもう不要なのでは、と思えてくる。
[PR]
by uniconlabo | 2012-06-30 00:00 | 記事紹介

大学改革実行プラン

  文部科学省が、2017年度までに進める大学改革の行程表をまとめた。
  詳しくは、以下のサイト参照

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/06/__icsFiles/afieldfile/2012/06/05/1312798_02_2.pdf
[PR]
by uniconlabo | 2012-06-27 17:20 | 大学経営・大学改革
日経新聞が、19日に開かれた86校の国立大学長らを対象にした「大学改革実行プラン」の説明会の様子を記事にしている。
学長らの関心が集中したのは国立大学の学部の再編方針で、統廃合を懸念する意見が続出したとのこと。一方、国の支援強化を評価したり、今後の大学教育のあり方を含めて腰を据えた議論を求めたりする声も上がった、という。これらを踏まえ、文科省は制度づくりを進めると結んでいる。
[PR]
by uniconlabo | 2012-06-21 00:00 | 記事紹介
 朝日新聞の「記者”有”論」で社会部の山上浩二郎記者が、4日の国家戦略会議に示された「大学改革実行プラン」に関連し、大学に「持続的民主主義」の担い手になることを提起したい、と書いている。
 昨今の政治状況を、「瞬間的民主主義」ではないか、と指摘。違う立場の意見にも耳を傾けつつ、持論に取り込んだり反証したり、という作業ができる土壌が大学にはあり、瞬間的に白黒をつけるのではなく、持続的に共存する出すすべを、大学は培ってきたはずだ、と評価。そのことに大学自体は気づいているだろうかと指摘したうえで、結論を出す過程の大切さを知る人材を育てることに期待を寄せている。
 
[PR]
by uniconlabo | 2012-06-21 00:00 | 記事紹介
朝日新聞が、駿台予備校への取材で、13年度の受験人口は約73万人。ピークの1992年(121万5千人)の約6割になる一方、入学定員jは大きく変わっていない、という記事を掲載。
 今春入試では、前年度同様「文低理高」が顕著で、「13年度入試も文系人気が下がっている傾向は変わらない」とみて、「特に私立文系はチャンスととらえ、行きたい大学や学部をしっかり選び、1ランク上を狙ってもいいのでは」と受験生向けのアドバイスをしているが、これを、受け入れる大学側はどのような「チャンス」に結びつけられるかがポイント。
[PR]
by uniconlabo | 2012-06-19 00:00
 朝日新聞が、駿台予備校に取材した記事を掲載している。
 
 13年度の受験人口は73万人でピークの1992年に比べると約6割に減っている一方、入学定員は大きく変わっていないが、行きたい大学が入りやすくなったわけではない。不況の影響で、国立志向が強く、難関国立大学に人気が集まっている。
 今春入試では、国公私立とも「文低理高」が顕著で、13年度入試も文系人気低落傾向は変わらず「私立文系はチャンスととらえ、1ランク上くらいを狙ってもいいのでは」と受験生へのアドバイスを送っている。受け入れる側としては、この現実にどう対処するかが経営課題となる。
   
[PR]
by uniconlabo | 2012-06-19 00:00 | 記事紹介
 日経新聞の横山晋一郎編集委員が、文科省がまとめた、2017年度までに進める大学改革の行程表「大学改革実行プラン」(内容は、トピック「大学経営・大学改革」の欄を参照)についてコメントをしている。

 全体としては、「年度内に国の大学政策の基本方針となる『大学ビジョン』を策定する、のはあまりに短兵急にすぎないか」と指摘。
 「国立大学改革プランを策定」については、法人化9年目にして次の制度変更が政策課題に挙がることに戸惑う人が多いのではないか。「アンブレラ方式」(本トピック欄に既報)についても、制度の根幹の変更にほかならない、と指摘。
 私立大学の質保証も論議を呼びそうだ、と提起しつつ、「これは官僚統制の強化だ」とある大学関係者が切り捨てる。今後の論議を注視したい、と結んでいる。
[PR]
by uniconlabo | 2012-06-19 00:00 | 記事紹介