2012.06.20 大学改革プランに対する国立大学長の反響

日経新聞が、19日に開かれた86校の国立大学長らを対象にした「大学改革実行プラン」の説明会の様子を記事にしている。
学長らの関心が集中したのは国立大学の学部の再編方針で、統廃合を懸念する意見が続出したとのこと。一方、国の支援強化を評価したり、今後の大学教育のあり方を含めて腰を据えた議論を求めたりする声も上がった、という。これらを踏まえ、文科省は制度づくりを進めると結んでいる。
[PR]
by uniconlabo | 2012-06-21 00:00 | 記事紹介