2012.07.09 東大、国際的人材へ鍛錬

 日経新聞が夕刊で、東京大学が新入生の1割を対象に語学集中講義を実施し高い語学力を備えた人材の育成を目指す、という記事を載せている。
 06.22付の同紙で横浜国立大学が「新入生1割に留学義務」との記事を載せたり、同23日付けから一面に「大学開国第3部」として、国際化の実像を5回にわたって連載するなど、「9月入学提起」以来というわけではなかろうが、「国際化」おおはやりの態をなしている。
 その昔、国際交流を担当していた先輩から、「大学とか学問とかは、もともと国際的なもので、ことさら取り上げることがそもそもおかしい」と言ったことを改めて思い起こす昨今である。
[PR]
by uniconlabo | 2012-07-10 00:00 | 記事紹介